公務員 兼業農家

公務員 兼業農家

公務員には兼業農家のかたも多いようです。地方都市に行くと、この傾向は特に強いようです。先祖代々の農地を守りながら生活するのに適しているのは公務員だ、という判断によるものでしょうか。

それで、農地が採算が合わないので土地の有効活用をしたい、ついてはアパート経営をしたいと考えたとしても、公務員には兼業禁止規定というものがありますので、こうした不動産、アパート経営には何かと不安をお持ちのかたも多いのではないでしょうか。
民間サラリーマンの場合、兼業禁止規定の禁止、などという法律が成立したとか、しないとかという話もありますし、中小、零細企業にお勤めの場合は、会社の方でも、それほど細かいことまで気にしない場合も多いようです。

しかしながら、公務員も人の子、利殖や投資にだって興味があるはずです。

すべての経済行為を禁止するのであれば、銀行預金をして利息をもらうこともダメなのか、ということにもなりかねません。

家族名義で不動産・アパート経営をするとか、方法はある?のかもしれません。詳細について、知りたい方は。。。。。。。  

↓詳細は、こちらから↓

  

アパート経営ではないのですが、不動産への投資で居抜き物件と呼ばれるものへの投資が熱い注目を集めているようですね。撤退した飲食店の店舗をそのまま引き継ぐ形で営業を再開するわけです。地方都市によくある国道沿いのレストランなどです。撤退する企業にしてみれば閉店に伴い更地にする手間(この更地にする費用が結構な金額だったりします)が省けますし、居抜き物件を取得する企業にしてみれば、テーブル、椅子、鍋などの調理用具、こうしたものが無料で手に入ったりするわけです。 内装や空間は関係ない、商品そのもので勝負するのだと考えた場合、お客さんは安く食べれるわけですから顧客満足も高いでしょう。居抜き物件への投資が成功した場合、新規で店舗を開業した場合と比較して利回りはすごいことになります。

大津市 家を売る