休耕地に不動産経営

農家の土地活用、不動産活用

農家の方は、土地活用、不動産活用について知識を増やすと、もっと有効に資産を築くことができるのではないでしょうか。

一時期、国の方針で減反政策というのが取られまして、米の消費量が落ち込んだため、日本各地で休耕田というものがあらわれました。一部の農家では休耕田を畑に作り替え、違う農作物の生産を始めたようですが、これには賛否両論あるようです。

他の代替作物を生産、栽培することで、国の食糧自給率は上昇したのかもしれませんが、肝心の農家の収入のほうは、どうだったのでしょうか。

米作用の田んぼの土地を急に小麦用の畑にしたけれども収穫高、収入は思ったほどではなかったという話を聞いたことがあります。

農家の方で土地活用、不動産活用で増収を考えるなら、もっと違ったルール、ビジネス・モデルを考える必要があるのではないでしょうか。

負けるルールで勝負することほど、ばかげたことはありません。勝負するなら勝てるルールでやるべきではないでしょうか。さらに言えばルールは自分で作ることができれば、尚、良いのは言うまでもありません。

↓こちらから資料請求をどうぞ↓



風除室

北海道の住宅で特徴的なものといえば風除室があります。風除室は北海道に限らず、雪国にはあると大変、便利なものです。逆に言うと南国では無用の長物かもしれませんが。。。 風除室というのは玄関や勝手口からの出入りするたびに、外の寒気が室内へ入り込まないようにするために設けられた部屋のことです。南国にお住まいの方は、ご覧になられたことがないかもしれません。この風除室は、玄関ドアと中の部屋の間に、さらにもう一つ扉を作り外気を遮断する目的のために作られるものですが、この扉も二枚引き、四枚引き、と、いろいろ種類があります。メーカーもリクシル、YKK、三協立山アルミといろいろあるので気に入ったデザインと価格のものがないか、カタログを取り寄せてみるのも良いかもしれません。他には、寒さ対策としては窓をシングルガラスではなくペアガラスにするという方法もあります。ペアガラスは結露対策としても有効です。外国製の木製サッシにはトリプルガラスのサッシなどというものもあるようです。